イースシリーズ
どんなゲーム?

まずは、「イースⅠ・Ⅱクロニクルズ」と「イース -フェルガナの誓い-」のデモムービーをご覧ください。動画のように『イースシリーズ』は、2Dから3Dアクション(クォータービュー)へと進化しています。

『イースシリーズ』とは、日本ファルコムが制作しているARPG(アクションロールプレイングゲーム)です。特に「イースI・II」に関してはARPGの原点と謳われている歴史の長いシリーズとなっています。

ストーリーは、冒険家のアドル=クリスティンが現地妻を作りながら、世界各地の謎の事件に立ち向かっていくという冒険物になります(イースオリジン以外の主人公がアドル)。また、このシリーズにはアドルが晩年に書かれたとされる冒険日誌にある一部の記録がゲーム化されたものという設定が存在します。

▶作品の特徴

  • ・操作方法がシンプル
  • ・耳に残る、質の高いBGM
  • ・ストレスを感じさせない爽快なアクション
  • ・手軽に遊べる長さ(約15時間前後)※タイトルや遊び方によって前後します。
BGMを聞いてみよう!

『イースシリーズ』で使われているBGMで人気の高いものをピックアップしました。ファルコムのゲームは、様々な場面に対応するために、1つのゲームにたくさんのBGMを使用しており、そのクオリティの高さと楽曲の豊富さから高い評価を受け続けています。

出典

各タイトルの紹介

ここではファルコムが手がけた『イースシリーズ』のみを扱うため、イースの世界観を元に他社が制作した「イースオンライン」などのタイトルは割愛させていただいてます。尚以下の2つの表は、以下のウィキペディアの記事を参考にしました。

オリジナルタイトル

『イースシリーズ』には数多くのタイトルがリメイクされています。そこで、最初にリメイクされる前のタイトルと、まだリメイクされていないオリジナルタイトルを以下の表にまとめました。

ナンバリング タイトル 初回発売日 対応機種 コメント
イースⅠ 1987.06.21 PC-8801 イースⅠとイースⅡはセットのパッケージ有。
イースⅡ 1988.04.22 PC-8801 イースⅠの続編。
イースIII -ワンダラーズフロムイース- 1989.07.21 PC-8801
イースIV MASK OF THE SUN 1993.11.19 スーパーファミコン ファルコムの原案を元にトンキンハウスが開発。
イースIV The Dawn of Ys 1993.12.22 PCエンジン SUPER CD-ROM ファルコムの原案を元にハドソンが開発。
イースV 失われた砂の都ケフィン 1995.12.29 スーパーファミコン
イースVI -ナピシュテムの匣- 2003.09.27 Windows, PS2, PSP クォータービューを採用したシリーズ初の3D作品。
イース SEVEN 2009.09.17 PSP RPGFan E3 2010アワード 全機種RPG部門 ベストRPG賞を獲得。
イースVIII -Lacrimosa of DANA- 2016.07.21 PS4, PS Vita Vita版は2016.07.21に発売。PS4版は2017年発売予定。
外伝 イース・オリジン 2006.12.21 Windows 「イースⅠ・Ⅱ」から700年前の物語。唯一主人公がアドルではない。
派生 イースvs.空の軌跡 オルタナティブ・サーガ 2010.07.29 PSP 『イースシリーズ』と『空の軌跡シリーズ』のキャラによる対戦格闘ゲーム。

補足

  • ・イースⅠからⅢまでのタイトルは、数多くの機種に移植されているため、対応機種には最初に発売された機種のみを記述しています。
  • ・イースⅣの2作品はは異なる会社が開発をしているため、「ストーリーは同じだが、全く別の作品」というものになっています。おおまかなストーリーは共通ですが、それ以外のゲームシステムやグラフィックが異なります。
  • ・イースⅠからⅤがセットになった(イースⅣはSFC版のみ)「イース大全集 ~Ys completeworks ~」が「イースⅥ -ナピシュテムの匣-」の初回特典として付いてきます。また、「イース大全集 ~Ys complete works ~」の制作元であるプロジェクトEGGのサイトからもDL販売されています。
  • ・「イースⅠ・Ⅱ」「イースⅢ」「イースⅣ The down of Ys」はゲームアーカイブスにて、PS3,PSP, PS Vitaでのプレイが可能になっています。

リメイクタイトル

『イースシリーズ』には以下のようなリメイクされたタイトルが存在します。基本的にリメイクタイトルは、グラフィックやシステムが一新されており、快適にプレイすることができます。リメイクの詳細は表の下にあるパネルで説明しています。

ナンバリング タイトル 初回発売日 対応機種 コメント
イースエターナル 1987.06.21 Windows イースエターナルとイースⅡエターナルのセットパッケージ有。
イースⅡエターナル 1988.04.22 Windwos
Ⅰ・Ⅱ イースⅠ・Ⅱ完全版 2001.06.28 Windows イースエターナルをリメイクしたものと、イースⅡエターナルのセット。解像度が640×480なのでクロニクルズと比べると少し画質が良い。
Ⅰ・Ⅱ イースI&IIクロニクルズ 1993.11.19 Windows,PSP イースⅠ・Ⅱ完全版をベースに移植。 Windows版はPSP版からのベタ移植であるため解像度が480x272と低いので注意が必要。
イース -フェルガナの誓い- 2005.06.30 Windwos,PSP 2Dから3Dのクォータービューにリメイク。
イース セルセタの樹海 2012.9.27 PS Vita 初の自社開発の「Ⅳ」。同じく2Dから3Dのクォータービューにリメイク。

タイトルによってはシステムやストーリーなども一新されているものもあるため、 以下のパネルに簡単にリメイクのされ具合をまとめました。

「イースエターナル」「イースⅡエターナル」

オリジナルである「イースⅠ」「イースⅡ」のリメイクになります。ストーリーやシステムはそのままに、グラフィックや音楽などが改良されています。(イースⅡエターナルについてはアイテムや魔法などの仕様の変更が若干あります。)また、ダッシュが新たに加わったり、移動方向が4方向から8方向へと拡張されているのが特徴です。

「イースⅠ・Ⅱ完全版」

上記の「イースエターナル」をリメイクしたものと、「イースⅡエターナル」のセットになります。「イースエターナル」にはグラフィックと音楽の改良がされていますが、オリジナルの「イースⅠ」から「イースエタナール」のリメイクほど大きな変更はされていません。

「イースⅠ&Ⅱクロニクルズ」

「イースⅠ・Ⅱ完全版」をベースにリメイクされたタイトルになります。追加要素としてキャラクターグラフィックの選択(完全版と新規描き下ろしから)、BGMの選択(PC-8810, 完全版, 新規アレンジ版から)が可能になっている点が大きな特徴です。

「イース -フェルガナの誓い-」

「イースⅢ -ワンダラーズフロムイース-」のリメイクになります。リメイクの内容ですが、ストーリーのあらすじ以外は全て刷新してあり、ゲームシステムなども全く別のものになっています。2Dから3Dのクォータービューに進化しているため、よりアクションの幅が広がっています。

「イース セルセタの樹海」

「イースIV」の2作品のリメイクになります(イースⅣの自社での制作は初なのでリメイクではなく完全新作扱いになっている模様)。リメイクの内容ですが、これは「イース -フェルガナの誓い-」と同様におおまかなストーリー以外は全て刷新しています。また同様に2Dから3Dのクォータービューに進化しています。

プレイする順番・ハード

どれからプレイしたらいいの?

以下のクォータービュー(3D)を採用しているタイトルからプレイすることをオススメします。オススメする理由として、「最近のゲームハードに対応していること」、「3Dタイトルはアクションの幅が広がっており、初心者の方に馴染みやすいこと」があります。

  • ・イース -フェルガナの誓い-
  • ・イースⅥ -ナピシュテムの匣-
  • ・イース SEVEN
  • ・イース セルセタの樹海

イースの時系列は、イース1~7とナンバリングの順になっています。ですが、それぞれのタイトルで冒険する場所や登場人物が一新されるので、「イースⅠ」から順番にプレイする必要はありません。(前作の人物が出てくることがたまにありますが、ストーリーと深くかかわってないません。)

また、「イースⅠ」「イースⅡ」のみは話が繋がっているので、セットでプレイすることオススメします。

Windwos版とPSP版あるんだけどどっちがいいの?

Windwos版とPSP版があるタイトルは、「イース -フェルガナの誓い-」「イースⅥ ナピシュテムの匣」「イースⅠ&Ⅱクロニクルズ」の3タイトルになります。

個人的な意見として、Windows版は画質がPSP版よりも圧倒的に良いため(クロニクルズを除く)、家でゆったりプレイする方はWidnwos版がオススメ。ですが、外でもプレイしたり、パソコンが自由に使えない方にはPSP版をオススメします。

それぞれのタイトルに、移植や追加要素の違いがありますので、主要なものを以下のパネルにまとめています。購入時の参考にしてください。

「イース -フェルガナの誓い-」
Windwos版の特徴

・Windwos用につくられたゲームをPSPに移植してるので、音質・画質共に圧倒的にきれい。
・初回特典に8枚のミュージックBOXが付いてくる。

PSP版の特徴

・「イベントのフルボイス化」「BGMを3つから選択可能」「2週目以降にクリアデータの引き継ぎが可能」などの追加要素が盛り込まれている。

「イースⅥ ナピシュテムの匣」
Windwos版の特徴

・Windwos用につくられたゲームをPSPに移植してるので、音質・画質共に圧倒的にきれい。
・初回特典にオリジナルのイースⅠ~Vがセットになった、「イース大全集 ~Ys complet works ~」が付いてくる。(※イースⅠ~Vはリメイク前のオリジナルタイトルになります。)
・初回限定版のみボスラッシュがない。

PSP版の特徴

・PSP版のフェルガナに比べロードが遅く不評。
・通常版と特別版の2種類があり、特別版の方にはオリジナルダンジョン等の追加がなされている。

「イースⅠ&Ⅱクロニクルズ」
Windwos版の特徴

・元々PSP用につくられたゲームをWindwos版にベタ移植(480x272)したので解像度が残念。しかし、元々が2D作品であるため、個人的には余り気になりませんでした。画質が気になる方は、「イースⅠ・Ⅱ完全版」が、若干高解像度でプレイできるため、そちらをオススメします。(※「イースⅠ・Ⅱ完全版」はWindowsVistaまでしか対応していません。)

PSP版の特徴

・特になし。

□windows版の購入時の注意

自分のパソコンのOSに対応しているか確認してください。環境によっては対応していないOSでも、公式から配布されているパッチを当てると起動する場合があるため、「Windwos◯ タイトル 起動」などで検索してみてください。

また、windowsでプレイする場合はゲームパッドを使いましょう。マウスでのプレイでも可能ですが、操作性がグンと下がってしまいます。ゲームパッドを選ぶ際は、移動が楽なアナログスティック付きのゲームパッドがオススメ。もし、PS2かPS3のコントローラーを持っているならば、それを使うことができます。詳しくは各自、検索をお願いします。

おすすめリンク